GPOロゴ General insurance Promote Organization 一般社団法人 損害保険利活用推進機構

ROLE

私たちの役割

保険申請のノウハウを皆様に提供し、保険を必要としている方すべてに保険認定を提供したいと考えています。
そのために、当機構は「無料診断」サービスを提供しています。
まずは無料で建物の診断を行い、破損個所の保険申請を行います。
保険が認定されたらコンサルティング料として分配いただくことで、誰でも平等に当機構のノウハウを活用していただけると考えています。
「無料診断」サービスは「被保険者の不利益解消」に最も有効な解決策です。
保険申請のノウハウを皆様に提供し、保険を必要としている方すべてに保険認定を提供したいと考えています。
そのために、当機構は「無料診断」サービスを提供しています。
まずは無料で建物の診断を行い、破損個所の保険申請を行います。
保険が認定されたらコンサルティング料として分配いただくことで、誰でも平等に当機構のノウハウを活用していただけると考えています。
「無料診断」サービスは「被保険者の不利益解消」に最も有効な解決策です。

工務店の皆様へ

BuildingContractor
火災保険により家屋・建物の修理を検討している
不動産オーナーや管理者が、最初に相談するのが
工務店です。
よって火災保険申請の対応は、工務店の利益拡大に
欠かせない項目となってきています。
当機構は、工務店様に保険申請のノウハウを提供し、
工務店様の利益拡大に貢献します。
火災保険により家屋・建物の修理を検討している不動産オーナーや管理者が、最初に相談するのが工務店です。
よって火災保険申請の対応は、工務店の利益拡大に欠かせない項目となってきています。
当機構は、工務店様に保険申請のノウハウを提供し、工務店様の利益拡大に貢献します。

不動産業界の皆様へ

foEstateAgent
管理会社の主な業務は、「入居者管理」と「建物管理」です。
前者はオーナー様の収入に直結するため最も重要視されますが、
後者は緊急事態が起きない限り後手にまわりがちです。
しかしながら、建物価値の維持の観点から、
建物管理は重要な項目です。
当機構は建物管理を通じオーナー様及び
管理会社様の業務を支援し、
管理会社様の評価アップ及び収益改善に貢献します。
管理会社の主な業務は、「入居者管理」と「建物管理」です。
前者はオーナー様の収入に直結するため最も重要視されますが、後者は緊急事態が起きない限り後手にまわりがちです。
しかしながら、建物価値の維持の観点から、 建物管理は重要な項目です。
当機構は建物管理を通じオーナー様及び管理会社様の業務を支援し、管理会社様の評価アップ及び収益改善に貢献します。

オーナーの皆様へ
for Customer

機構の役割

当機構は、建物の価値を守るために、
保険申請にかかわる有用なノウハウを提供し、
適切な保険活用がなされるようサポートしていきます。

被保険者の不利益解消が機構の役割です。

自然災害に起因する家屋の損壊は火災保険でカバーされることが通例ですが、果たして一般の人は家の損壊が経年劣化によるものか、自然災害によるものかを特定することができるのでしょうか。
この疑問が私たち一般社団法人 損害保険利活用推進機構立ち上げの出発点でした。

自然災害の保険認定の難しさ
自然災害の保険認定の難しさ

交通事故に遭ったり病気になったりしたときには、警察が事故証明を、医師が診断書を作成してくれます。しかし、火災保険や地震保険の場合はそのような第三者機関はなく、すべて保険加入者が自力で申請をしなければなりません。
しかし、ノウハウを持たない一般の方が申請書を作成した場合の認定率は40~50%程度といわれており、ここに、当機構が考える「被保険者の不利益」が発生しています。

保険認定のノウハウを広く普及させるために生まれた「無料診断」
保険認定のノウハウを広く普及させるために生まれた「無料診断」

保険申請のノウハウを皆様に提供し、保険を必要としている方すべてに保険認定を提供したいと考えています。
そのために、当機構は「無料診断」サービスを提供しています。
まずは無料で建物の診断を行い、破損個所の保険申請を行います。
保険が認定されたらコンサルティング料として分配いただくことで、誰でも平等に当機構のノウハウを活用していただけると考えています。
「無料診断」サービスは「被保険者の不利益解消」に最も有効な解決策です。

一般社団法人 損害保険利活用推進機構が支持される理由

当機構は一般の人が申請する場合に比べ、認定の率や金額の期待値が高く、多くの方に支持されています。
支持の理由は下記のノウハウが高いことだと自負しています。
※2019年1月までの実績をもとに記載しています。

1-損壊発見ノウハウ
2-見積もりノウハウ
3-申請ノウハウ

1-損壊発見ノウハウとは

建物診断において自然災害に起因する破損の発見率が高い。

一般的な人 約20%
GPO(当機構) 約85%

当機構は一般の方の4~5倍の確率で自然災害による損壊を発見するこができます。

2-見積もりノウハウ

できるだけ高い金額を適正な理由とともに提示するノウハウが高い。

一般的な人 10万円~30万円程度
GPO(当機構) 90万円(民家平均)~160万円(集合住宅平均)程度
3-申請書作成ノウハウ

損壊原因と修繕の関係を適切に説明した申請書を作成するノウハウが高い。

一般的な人 40~50%程度
GPO(当機構) 90%程度

損壊発見率が高く、見積もり金額が高く、認定率も高い。
保険申請の3要素のノウハウが圧倒的に高く、期待できる認定額が高いことが
GPOの支持される理由となっています。

CONTACT

一般社団法人 損害保険利活用推進機構

phone_03-4555-5421

0120-914-523

0120-914-523

受付時間:10時~18時

mail_info@gp-o.net

info@gp-o.net